総量規制対象外の甘いカードローンはある?審査が早い借り入れ

MENU

総量規制対象外の甘いカードローンはある?審査が早い借り入れ

 

消費者金融は貸金業法という法律に沿って営業をしています。その法律に基づいて各都道府県に登録をしているのです。登録をすることで適法業者として貸付業務をすることができるのです。ちなみにこの登録をしていない貸金業者が「ヤミ金」です。

 

この貸金業法では、消費者金融に対して総量規制という融資制限を設けています。制限の内容は他の金融機関からの借入も含めて、無担保融資が年収の3分の1以内に収まるようにするという制限です。

 

消費者金融のような貸金業法に規制されている金融機関は、総量規制を守るために信用情報機関に登録しています。信用情報機関からのデータがないと申込者が他の金融機関からどれだけ借入があるかわからないためです。

 

もともと消費者金融は総量規制が始まる前から、その審査で信用情報機関のデータを使っていたため、別に手続が変わった話ではありません。しかし、消費者金融自体が申込者の信用力があり、その気になれば年収の3分の1を超えて貸せると判断しても貸すことができないのです。

 

総量規制には賛否両論あり、銀行系カードローンが総量規制対象外であることから不当な制限だという意見も少なくありません。しかし、総量規制の年収の3分の1という数字は、実際に返済をすることができるデッドラインだとも言えます。

 

年収の中には社会保険や税金が含まれています。これらを引いた手取収入は年収の8割程度ではないでしょうか。これから考えると手取収入に対する総量規制の割合は4割強になります。自分の毎月もらう給料の4割を消費者金融に返済するとしたらずいぶん厳しいと思うのではないでしょうか?

 

借りすぎを防止するという観点からすると、消費者金融に対する総量規制は一概に悪法だとも言えないのです。

 

総量規制対象外カードローン

 

消費者金融をおすすめする理由を紹介します。

 

銀行カードローンと消費者金融の違いは、銀行カードローンは利息が安いという部分が良いのですが、審査に手間暇がかかるのがマイナスポイントです。消費者金融は、審査に時間もかかりませんし多様なサービスがウリです。

 

クレジットカードの審査に自信がない人は、申し込む場合にショッピング枠のみで申請してはどうでしょうか?キャッシング枠を付帯しないと、審査も通過しやすくなると言われています。

 

今日の内に借り入れたいという際に、審査に時間を要さないのが消費者金融のアコムとプロミスだと言えます。今すぐ借りれるかどうかが短時間で知れますから、突然お金が要るようになった際に便利です。

 

会社在籍の確認電話の時は、キャッシング会社の呼称を出すことはせず、担当者の名前で連絡してきます。したがって、ためらうことなく申し込んでも大丈夫です。

 

アコムは消費者金融というカテゴリー内では、限定でマスターカードも一緒に発行できるのです。多くの人が持つカードと変わらず、キャッシング利用も可能ですし、買い出しや外国でも利用できます。これまでを振り返ると、返済方法も多様にあると言えます。

 

スマホあるいはPCが使えればウェブ上で可能です。その他消費者金融の店舗は当たり前として、コンビニなどのATMを使って返済できるようになっています。

 

消費者金融なら、借り入れを申し出た時の審査が早く済むのと、返済方法が様々用意されていて、銀行からの借金のわずらわしさを思えば、手間暇かからず頼めるに違いありません。

 

キャッシングした資金の返済方法はいろいろあります。WEBからとか店舗に行ってとか、その他にはコンビニに設置のATMを使ったり、振り込みでも可能です。返済額も指定できると言われます。

 

現在までに他社からも借金をしているのであれば、その金額の合計を申し出れば、総量規制範囲内で借りることもできると思われますが、借用件数が少なくないという人はかなりハードルが高くなります。

 

確実に借りれるキャッシングが気になるという人も、かなり存在するはずです。きちんと収入があって、ここまでキャッシングの世話になったことが一度もない人なら、間違いなく借り入れできる可能性は高いと思います。

 

職場確認がないという条件でキャッシングできる消費者金融の中で、一押しなのはアコムとプロミスだと思います。アコムはマスターカードも受領できますし、プロミスは利息ゼロという期間があります。

 

キャッシングに伴う審査で引っかかる事項は何かといえば、職場への在籍確認、勤続期間、自宅住所への書類、所得証明提出義務、融資可能金額などだと言われますよね。消費者金融では、定職についているかどうかの審査を絶対に行ないますが、依頼すれば仕事場へのコールをオミットすることもできます。具体的に実情をお話ししましょう。キャッシングは便利ですが、借金には変わりありません。あなた自身の収入を熟考して、無理することがないように借りることが重要です。返済が遅延すると、履歴として記されてしまいますから、気を付ける必要があります。